サーブを打つコツについて紹介します。 ・トス ・力加減 ・コントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう) これらのコツを掴むと、うまくサーブを打つことが出来るはずです。 まず、トスについてですが、サーブを打つのに、取り合えずすることがトスですね。 ボールを上へあげることです。 上手くトスを上げなければ、サーブは打てません。 トスは高く上げすぎても、低すぎてもなりませんので、自分に合ったちょうどいい高さのトスを上げることがコツになります。 続いて、力加減についてですが、サーブを打つ時、あまり力を入れすぎてしまうと、オーバーになってしまうことがあります。 また、力が弱すぎると、ネットにかかってしまうこともあるみたいです。 ですので、力加減が重要となってきます。 繭り返しサーブ練習をして、力加減を把握してください。 最後に、コントロールについてですが、ただサーブを打っているだけではいけません。 狙ったところにボールが行くようにならなければ、得点にはつながらないのです。 これも、何度もサーブを打って、コントロールできるようになりましょう。 これらのコツを掴むには、練習をしなければなりません。 なんども何度もサーブを練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)すると、自然とコツが掴めるようになりますー